高知県はあなたの出産・子育てを応援します!

新米パパへ
(4)お風呂でスキンシップ

赤ちゃんはとってもお風呂好きです。体力の回復が十分でないママをいたわり沐浴にチャレンジしましょう。夏など汗をかきやすい時期やあせもができた時は、1日2回入浴をさせてもかまいません。

入浴用品を準備
専用ベビーバス、石けん、専用洗面器、温度計、ガーゼ2枚、タオル又は大きめのガーゼ
専用ブラシ、バスタオル、綿棒、湯ざまし(果汁)、着替え一式(おむつ、おむつカバー、肌着など)
(※お湯の温度に気をつけて。)

■さぁ、赤ちゃんをお湯に
パパのたくましい手で赤ちゃんの頭をしっかり固定して耳にお湯がはいらないように。お湯の中にそっと入れ、体を肌着などで覆ってやると安心しておとなしくなります。ママのお腹の中を思い出すのでしょう。
■顔をそっとやさしく拭きます。
■頭を洗ってあげる。
■からだをきれいに洗います。
体をきれいに洗い終わったら、最後に上がり湯をかけましょう。ここでも、お湯の温度に気をつけて。
■身体を拭いて、着替えです。
お風呂上りのスキンケアも忘れずに。

ベビーバスから卒業
生後1ヶ月くらいになったら、パパと一緒に普通の浴槽に入れます。お湯のきれいな一番湯に入れましょう。機嫌が悪い時や元気のない時、熱がある時は入浴を避けましょう。

[9]戻る>>
[0]ホームへ>>

こうちプレマnet
高知県地域福祉部
児童家庭課
Tel : 088-823-9641
Email : 060401@ken.pref.kochi.lg.jp