かかりつけ医、かかりつけ薬局をもとう

ホーム > かかりつけ医、かかりつけ薬局をもとう

プレマnet配信の定期メールマガジン「プレママメール」

妊娠中〜3歳まで「プレママ相談(24時間受付中)」


今すぐ必要でなくても、いざというとき役立ちます。家の周辺にどんな病院があるか、チェックしておきましょう。

かかりつけ医をもとう

かかりつけ医を持つと、「急な時も相談できる」、「子どもが医師や職員に慣れて診察がしやすくなる」「持病について、毎回説明をしなくて済む」など、いろいろなメリットがあります。

また、子育て中は親の健康もとっても大事!「ホームドクター」として、家族全員が診てもらえる、信頼できるかかりつけ医をもつのが良いかもしれませんね。

子どもの病気について知りたい時

子どもの病気について知りたい時

「相談先・問い合わせ先一覧」にある市町村母子保健担当課では、母子保健担当の保健師や看護師が、子どもの発達や病気について相談にのっています。必要な場合は、家庭訪問なども実施していますので、お気軽にご相談ください。



かかりつけ医

かかりつけ医を持つメリット

  • 大きな病院と比べて待ち時間が少なく、その分時間をかけて診察してもらえる。
  • 入院や高度な治療が必要なときは、適切な医療機関を紹介してもらえる。(大病院に紹介状なしで受診をすると、初診時に特別料金の負担が必要です)
  • 家族の病歴や健康状態を把握しているので、ちょっとした異変を早期に発見してもらえる。

 

かかりつけ医を選ぶポイント

かかりつけ医を選ぶポイント
  • 近くて通いやすい。
  • 話をよく聞いてくれ、気軽に相談ができる。
  • 分かりやすく説明してくれる。
  • 質問したことに誠意をもって答えてくれる。

お医者さんとの接し方

  • 分からないことは遠慮せず聞く…小さなことでも気になったことは質問しましょう。
  • 症状についてできるだけ詳しく説明する…子どもは自分でうまく表現ができないので、家での様子や子どもからの訴えをきちんと説明しましょう。メモをすると便利です。

かかりつけ薬局

かかりつけ薬局を持つメリット

  • 個別の薬歴を作成しているので、飲み合わせの確認や他の病院からもらった薬の重複投与を避けることができます。
  • 服薬指導(薬の飲み方や副作用について)をいつでも受けられます。
  • 一般薬(薬局で普通に売られているもの)の購入についての相談ができます。

 

先輩ママからのワンポイントアドバイス

冷静に状況の把握を

冷静に状況の把握を

初めて子どもがひきつけた時に慌ててしまい、「何分くらいけいれんしていたのか」「どんな様子だったのか」と医師に聞かれても、きちんと伝えることができませんでした。けいれんが起きたら、とにかくまず「大丈夫!!」と自分に言い聞かせて時計を見るようになりました。



先輩ママからのワンポイントアドバイス

かかりつけを持ちましょう

かかりつけを持ちましょう

ふだんの病気の診察や、健康管理についての相談が気軽にできる「かかりつけ医」、「かかりつけ薬局」を持ちましょう。今すぐ必要でなくても、いざというとき役立ちます。家の周辺にどんな病院があるか、チェックしておきましょう。



PAGE TOP