よくある相談事例集

ホーム > 年齢も近いため、男兄弟のけんかが絶えず手もよく出ます。

プレマnet配信の定期メールマガジン「プレママメール」

妊娠中〜3歳まで「プレママ相談(24時間受付中)」

年齢も近いため、男兄弟のけんかが絶えず手もよく出ます。

年齢も近いため、男兄弟のけんかが絶えず手もよく出ます。男兄弟とはこんなものかなと思いますが、けんかが多すぎるのが悩みです。けんかが減るイイ方法があるなら知りたいです。(5歳、3歳、1歳)

お答えいたします!

子ども達の兄弟げんかが激しいと、お母さんにとっては大変ですよね。でも兄弟姉妹がいる家庭なら、けんかをするのは当然のことですし、ごく自然のことです。兄弟げんかは、自己主張や感情表現の発達にとってプラスになります。 けんかをするという経験で子どもたちはいろいろな事を学んでいきます。親は、ケガをする程のよっぽど強いけんかでない限りは、中に入って止めさせたりせず見守ってあげましょう。小さい時からけんかをたくさん経験することによって、相手の体や心の痛み、そして自分の苦しみや痛みが経験的に身についていきます。どこでけんかをやめるかの判断も自分たちでできるようになります。兄弟げんかは、社会に出る前から、いろいろな場面でのぶつかり合いが家庭でできるとても貴重な体験なのです。兄弟関係で、お母さんを取られて「憎らしい」、けんかをして「大嫌い」「悔しい」、でも一緒に遊んで「楽しい」、下の子の世話をしているうちに「かわいい」気持ちが芽生えたなど、色々な感情を経験することで、感情の幅も広がり、他の人といい人間関係が築けるようにもなります。



PAGE TOP